お気に入りのニットに毛玉が!! 正しい取り方は?

季節も冬に近づき、着ている洋服も自然とニット系が増えてくるのではないでしょうか?

でも、久しぶりにお気に入りのニットを着ようと思ったら
『毛玉』があって落ち込んでいませんか?

せっかくオシャレをしても、毛玉のついたニットを着ていては
可愛い洋服も台無しです。

そこで、ニットについた毛玉の正しい取り方や
毛玉の予防などをご紹介したいと思いますので、
ぜひ参考にしてみてくださいね。

SPONSORED LINK

どうして毛玉ってできるの?

気付くとできている毛玉。
0077_01

一体なにが原因で毛玉ができるのか知っていますか?

原因は、リュックやショルダーなど小物類の摩擦や、
椅子に座った時の背もたれに寄りかかった時の摩擦、
生地同士の摩擦など『摩擦』によって羽毛が発生し、
その羽毛同士が絡まりあって毛玉になっていきます。

いつも同じところに毛玉が多くあるんだよな~。。。
と悩んでいる方は、普段の生活を思い返してみると
原因がわかるかもしれませんよ!

毛玉の取り方は?

 
「毛玉ができたから、もう着たくない」と諦めないでください!

ご家庭にあるものでも、毛玉を取ることができます。

1. スポンジ
0077_02

台所用スポンジの片面が硬いものを使って、
毛玉のついたニットを上からクルクルなでると簡単に取れます。

100均でも購入できるので、手に入りやすいですよね。

しかし、やりすぎると生地へのダメージが多いので気をつけましょう。

2. カミソリ
0077_03
 
そもそも毛玉は羽毛立ってしまうことが原因なので、
一気に刈り取ってしまうのも1つの手です。

スポンジ同様に、毛玉のついたニットを軽く切り離す感じで
滑らせると毛玉が取れます。

力を入れると生地を痛めてしまうので注意!!

3. ラップの切り口部分(ギザギザ)
0077_04
 
こちらも、どのご家庭にもある物ですよね。

使い方はカミソリと同じです。カミソリがない場合は、
ラップのギザギザ部分を使うと良いと思います。

使い途中のラップのギザギザを剥がしてしまうと、
次ラップを使うとき不便なので使い終わったラップにしましょうね!

4. 毛玉取りブラシ
0077_05

毛玉取りブラシはニットの繊維に沿ってなでるように
ブラッシングするだけで毛玉が取れ、
さらにお手入れもできます。

毛玉取りブラシを1本持っているだけで毛玉と無縁になるかも!?

いくつか通販で購入できるものを紹介しますね!

毛玉の予防策

普段、ニットはどのように取り扱っていますか?

ニットの扱い方で毛玉のできやすさが変わります。

1. 洗濯の仕方
0077_06

洗濯するとき、ニットのものは裏返してネットに入れるだけでかなり違います。

洗濯での摩擦が気になる場合は手洗い・手揉み洗いでも充分です。

あとはクリーニングに出すと良いでしょう。

2. 毛玉取りのやりすぎに注意
0077_07

毛玉ができるごとに毛玉取りをしていると、
生地へのダメージも大きく衣服の寿命を縮めてしまいます。

毛玉取りをする場合は、適度にやりましょう。

おわりに

日頃のお手入れの仕方で、毛玉は予防できます。

万が一毛玉ができてもすぐに諦めず、
毛玉取りをして長く着てあげると、きっと洋服も喜びますよ!!

お気に入りのニットを着て、たくさんオシャレをしてくださいね♪

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ