クリーニングの表示が変更されます!! いつ変更するの? 見方は?

衣替えを終え、年末が近づいてくると衣類の整理もしますが、
そのとき必ず確認するのがクリーニングの表示、
すなわち「洗濯表示」です。

この見慣れたクリーニングの表示が、変更されるのをご存知でしょうか?

一体なぜクリーニングの表示を変更するのか、いつ変更するのか、など
詳しくご紹介したいと思うので参考にしてみてください。

SPONSORED LINK

洗濯表示が変更される理由

実は数年前から洗濯表示について、色々話題になっていましたが
「各国の主に使用する洗濯機や乾燥機の種類が違うから」や
「ISO(国際標準化機構)で使用されている絵記号を使用するには、お金がかかるから」
などの理由で、なかなかすぐに変更ができなかったようです。

しかし、会議と検討を重ねた結果ISOとJISがお互いの良い点をすり合わせ
今回の新しい表示変更を実現させました。

変更の理由としては
『国内外で表示を統一することによって、製品を買う側の利便性が高まる』、
『洗濯で使用する洗濯機や洗剤類が多様化したことで、それに適合した新しい記号表示が必要』
という点から決められました。

0078_01

クリーニング表示はいつ変更されるか

平成28年12月から記号の種類が22種類から41種類に増え、
タンブル乾燥や酸素系漂白剤、ウェットクリーニング対応の有無などの
繊維製品の取り扱いに関する、よりきめ細かい表示が提供されます。
0078_02

新しい表示の見方は?

 
洗濯表示記号を国内外で統一したことで、
グローバル化する市場にとっては利便性が高まりますが、
一方で購入する側は「新しい表示記号がわかりづらい」や「どういう意味?」
など理解に苦しむ声が続々出ている
ようです。
 

見方としては、メインとなる基本記号5つを覚えます。

0078_08

あとはそこに強弱や温度の付加記号(棒や点の数)がつく、と考えてください。

この記号に付加される棒は、洗濯の強弱を表します。

本数が多いほど強く洗う、ということになります。

また、四角(□)の中にある棒は干し方を表し、
付加される点は、アイロンや乾燥機の温度を表します。

「・」の数が多いほど高温でかける、ということになります。

0078_09

0078_06

ただ、日本語表記ではなくなり今までの表示記号とは見た目からして変わるので、
やはりわかりにくいかと思います。

そこで、ひとつひとつ説明が付け加えられている表示記号を
一覧にしたものを載せますので参考にしてみてください。

(消費者庁HPより)
http://www.caa.go.jp/hinpyo/pdf_data/150331_kouhyoubun.pdf

おわりに

 
12月からクリーニングの表示は新しい表示記号になり、
表示されている意味がわからなく扱い方がわからない。。
と困ってしまう前に、基本の記号だけでも覚えておくのも良いと思います。

お気に入りの衣類を正しいお手入れ方法で扱えるように、
新しい表示記号をよく理解しましょうね。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ