カシミヤを自宅で洗濯しよう!! 正しい洗濯方法は?

洋服店に行くと、最初に目に入る場所に置いてあるカシミヤ。

どこへ行ってもカシミヤ素材をオススメされますよね。

みなさんは、お気に入りのカシミヤの洋服は持っていますか?

持っている方は、どのように洗濯されていますか?

お値段もなかなかのものなので、できるだけ大切に、
いつまでも綺麗に着ていたいですよね。

そこで今回、自宅でもできるカシミヤの洗濯方法をご紹介したいと思いますので、
今後の参考にしてみてください!

SPONSORED LINK

カシミヤとは?

 
カシミヤとはどんな動物の毛が原料かご存知ですか?

カシミヤは「カシミヤヤギ」のうぶ毛から作られていて、
綿のように白く肌触りのよい原毛です。

カシミヤヤギの外観は堅い剛毛で覆われていますが、
内側のうぶ毛をすきとることで柔らかい毛が採れるそうです。
(動画を見てみると、「すきとる」というより
「むしり取る」の方が合っているかもしれません…)

手作業で細かい汚れや不純物を取り除き、
機会で何度も何度も梳きとる作業をします。

これらを行い、1頭から採れる量は100グラム程度。

これだけ手間を掛けて、原毛となるのはわずか100グラムとなると、
値段が高くなるのも納得ですよね。
0088_01

カシミヤ素材は自宅で洗濯できる?

カシミヤは非常にデリケートな素材です。

洗濯絵表示を見ても、ドライマークのみ可がほとんどだと思います。

でも、クリーニングに出すのは、ちょっと面倒くさい…
自宅で洗濯できたらいいのに…
と思っているあなた!!

正しい方法を行えば、自宅でもカシミヤを洗濯することが可能です。

さっそくその方法をご紹介しましょう!
0088_02

洗濯前の準備

1.洗濯表示を確認しておく

2.毛玉やホコリを取り除いておく

3.裏返しにしてネットに入れる

※気になる方は、色落ちチェックも行っておくと良いと思います。
0088_03

洗濯方法

1. 40度以下の温水、または洗剤が溶ける程度の温度の
  温水か常温水にウール用洗剤を入れます。

2. ネットのまま浸け置きを10~15分程度(汚れ具合による)して、
1枚ずつ押し洗いをします。
汚れがある場合は、部分洗いしてくださいね。

3. ここでのポイントは、押し洗いは時間をかけずに行うことです。
1~2分を目安に押し洗いしましょう!

4. 押し洗いが終わったら柔軟剤を入れ、洗剤が落ちるまで2~3回濯ぎをしてください。

5. 濯ぎ終わったら、脱水機にかけて水気を取ります。(1分程度で充分です)

6. ここでのポイントは、絶対に手絞りはしないこと!!縮みの原因になりますよ!

7. 脱水後は、形を整えて風通しの良いところで平ら干しをしてください。
0088_04

これでカシミヤの洗濯は終了です!!

そこまで難しいことはしていないので、自宅でもできそうですよね。

お気に入りのカシミヤを、いつまでも綺麗なまま着られるように
丁寧に洗濯をしてあげましょう!

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ