カシミヤのお手入れ方法 ブラシの使い方は?

寒くなってきましたね~。

いよいよ、北風が当たるとツライ季節になってきました。

この季節になると、多くの人がセーターを着たりマフラーを身につけたりしますよね。

その中でも最近、どこのお店でも目にする「カシミヤ」素材の
衣類を買う方も増えてきているのではないでしょうか?

高級感のあるカシミヤは、できるだけ長く綺麗なまま着たいですよね!

そのためには、普段のお手入れが重要ですが、
カシミヤの正しいお手入れ方法をご存知でしょうか?

ご存知ない方のために、カシミヤのお手入れ方法をご紹介したいと思うので、
参考にしてみてくださいね!

SPONSORED LINK

カシミヤは、なぜお手入れが必要なの?

 
カシミヤは非常にデリケートな素材なので、着たあとそのままにしていると、
あっという間に毛玉が出来たり肌触りが悪くなったりと、
カシミヤの良さが激減してしまいます。

『その都度クリーニングに出せばいいじゃない!』と思っている方もきっといますよね。

確かにクリーニングに出せば、プロの方が行うので間違いはないです。

しかし、カシミヤは素材の性質上、水に強くなく、
カシミヤ繊維の表面に天然の油脂が含まれています。

それが洗濯によって洗い流され、カシミヤのぬめりや風合いが
少しずつ失われていくのです。

なるべくクリーニングに出さないためにも、普段のお手入れが必要!というわけです。
0089_01

カシミヤのお手入れ方法

お手入れのポイントをご紹介します。

*何度も何度も着て行くと、型崩れや摩擦による毛玉など発生する可能性があります。

『1日着たら1日休ます』という言葉があるように、頻繁に着るのではなく、
少しお休みさせてあげる時間を作ってあげましょう。

風通しの良いところで陰干しをすることで、繊維が回復するそうですよ。

*カシミヤを着る季節はどうしても乾燥しているので、
静電気が原因でホコリやチリなど付着してしまいます。

これらをこのままにしておくと、汚れや繊維の絡みによって毛玉が発生します。

そうならないためにも必要なのが、ブラッシングです!!

着用後はホコリなどを取り除き、繊維の方向を整えてあげましょう。

そうすることで、ゴミを付けにくくする効果も期待できますよ。
0089_02
カシミヤなどの高級素材のブラッシングは、豚毛・馬毛のような柔らかいものをオススメします!

*もし毛玉ができた場合は、手で取り払うか繊維をハサミで切り取るようにしてください。
0089_03

無理に引っ張るようなことは、絶対にNGですよ!

おわりに

いかがでしたか?

普段のお手入れ次第で、お気に入りのカシミヤがずっと綺麗なままで着られます。

すぐにクリーニング!ではなく、お気に入りだからこそ自分でお手入れをすることで、
さらに愛着も湧きますよね。

『今日もありがとう』という気持ちを込めて、お手入れをしてあげましょう!

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ